外来か入院病棟かで看護師の仕事かなり違う?求人多いのは?

一般的に、看護師が行う仕事は、外来なのか、入院病棟なのかによっても、そして、個人病院などの小さい病院なのか、総合病院なのかによっても、変わってきますが、病人や怪我をしている人のお世話とか看護が主な業務になります。
患者さんが心安らかにして治療に専念するためにも、看護師という存在はなくてはならないものです。
看護師が転職を考えると、ハローワークに行ったり、求人情報誌などを読んで仕事を得ようとするのがよくあることだと思います。
転職先で圧倒的に人気なのはこじんまりとしたクリニックやいわゆる町医者など。
こういったところは就業時間が安定しているのが魅力ですよね?大病院なーんかと違い業務がルーチンだし時計どおりキッカリ終わるし(笑)ですが、注意が必要なのはこういった方法で人材を探そうとする病院は少数派です。
公共職業安定所や求人情報誌などで募集をかける病院は労働条件や職場環境がよくなくて求人数に対して、応募人数が少ない病院です。
看護師の資格のために受ける国家試験は、年に1度行われます。
看護師不足が問題となっている日本にとってはうれしいことに、ここ数年の看護師の国家試験合格率は約90%と非常に高水準を保っています。
看護師の国家試験は、大学入試のような合格させないための試験ではなく、一定の水準をクリアできればパスが可能な試験です。

看護師転職で高収入?東京都の給料相場を徹底調査!【平均給与は?】