経営者住宅ローン審査で注意しなければいけないのは?

経営者の方は、節税としていろいろな対策をされているかと思いますが、たとえば黒字になった部分をその他の赤字になっている部分に補填するという方法をとられている方は多いでしょう。
こういった節税対策をして、きちんと全て黒字になっていれば経営者住宅ローンを利用する際に問題はないのですが、あまりにも節税対策にこだわり過ぎてしまって一つでも赤字になってしまえば、その後の経営者住宅ローンの審査に大きな影響を及ぼすことになってしまいます。
経営者住宅ローンの審査では、会社の経営状況を細かくチェックされますので、赤字がついていると経営が不安定だという判断がされてしまうのです。
そのため、経営者住宅ローンを検討する際には、節税対策はほどほどにして、きちんと黒字にしておくということが大切です。
新生銀行住宅ローンのメリットは?金利・審査・諸費用!【なぜ人気に?】