住宅ローン審査落ちた理由は借金?年収や年齢でNG?【基準通らない?】

夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそんな時は、比較的安い中古物件の住宅ローンを探しましょう。

ただし注意しておきたい点がいくつかあります。

お金を返す期間が通常と比べて短くなる可能性がある点です。

一度使用してある物件のために耐久性が考慮され、少しでも早く、返済を済ませる必要があるのです。

安さだけで選んでしまうと、後々問題が出てくることもありますし反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もあります。

綺麗に改装してから住みたいという方は、その分の費用も加算して総支払い額はどれくらいになるか調べておきましょう。

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。

現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。

ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。

住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。

ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。

という事も重要なポイントです。

住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。

この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。

この保険の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。

自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。

近い将来、住宅ローンを組んで家を購入される方は借入れ以外で必要な経費はいくらなのか把握しておきましょう。

普通は、ローンの1割程度が必要経費としてかかってきます。

口コミなどで評判の利率の良い銀行で選んでみたけれど、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、さほど、安くなってなかったという事も十分あります。

この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、合わせていくらになるか総返済額を調べることから始めましょう。

実例を挙げると、金利が安くても保証料が高かったりその他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。

住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。

住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査は大変厳しく行われます。

審査の合否判断には約1週間前後かかります。

結果は口頭もしくは電話で伝えられます。

残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。

そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。

契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印と諸費用も用意しておきます。

諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかるようです。

将来、住宅ローンの申込みを考えている方はしっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。

高額なお金が手に入った時にまとめて返せれば、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

それでもまとめて返済をしたいという方は、繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

住宅ローンを組むとなると、高価な買い物になるので少しでも金利を抑えたいという方が殆どだと思います。

ですので、低価格で安心安全の利用者も多い知っていると得するお勧めの銀行をご案内します。

『イオン銀行』のローンがお得だととても評判なのです。

他のどこよりも金利が安く人気を集めていて、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、5%も割引されるお得な特典が付いてきます。

お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。

これ以外でもいくつか調べて比較してみても良いですね。

念願のマイホームを決めて、いざ住宅ローンを組もうとしたけど審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

参考:住宅ローン審査落ちた理由は?借金・年収・年齢【基準通らない?】

原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。

まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

今までに納金出来なかったデータが残っている方は、審査の時点で落とされてしまう可能性が非常に高いです。

これらに思い当たるふしがないという方は、もう一度今までのデータを全て確認してみると良いでしょう。

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。

住宅ローンを組む際はまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。

例をあげると、銀行や労金、ネットバンクなど住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。

金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。

わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。

また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。

現在、住宅ローンを返済中の方もこれからの方もどんな方も知らないと10年後に知っている人と大きな差がつく、是非試して頂きたい節税の秘訣をご紹介したいと思います。

申請するのとしないのでは年間約30万円も違うので、途中からでも申込み出来るのか聞いてみましょう。

新しく家を建築された方が申請対象者となれますし、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

更にローン期間が10年以上である事が必要条件になります。

個人情報を提示したりする場合もあるのできちんと確認してから、今より節約できるとこれからずっと楽になるでしょう。

自分の家を持つ。

という事は、だれにとっても憧れるものだと思います。

とはいえ、家は高額な買い物です。

そこで、現金ですぐに支払いができる。

という事は、かなり難しいです。

それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?一番いい方法は銀行・信用金庫で借り入れする事です。

どこから借り入れしようか、自分で悩んでも良いのですが不動産屋と提携している銀行もありますので、不動産屋任せにしても良いと思います。

近年、様々な特典のある住宅ローンが紹介されておりどういったメーカーの商品を選んだら良いのか分らず、迷っているという方がとても多いのが現状です。

どうしても決められないという方はアドバイザーの意見を聞いて、ローンを組むという方法もありますが、有料のところが多いです。

今後も金利などのお金を合わせて払い続ける立場にいますので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。

今ではFPの資格を持っている仲介者が多く、お金を払わなくてもプロの意見を聞くことが出来ます。

探せる範囲でいいので自分でも検索しておきましょう。

半分も住宅ローンを返せていない中で離婚する夫婦は、どちらが残りの返済をするようになるのでしょうか。

とりわけ未成年の子供がいる家庭はローン以外にも、別れた後でも養育費を払う責任があります。

まず、名義人や連帯保証人などの契約内容を調べ後で問題が起こらないよう夫婦でしっかり話し合いをしましょう。

家を売ってお金にするという方法もありますが、査定金額よりもローンの方が大きくなってしまうと、夫もしくは妻がその残高を支払う責任があります。

こうした場合も考慮して検討してみてはいかがでしょうか。

自分の家を建てたい!と思ったとき銀行などから申請できるマイホーム購入時の融資がとても頼りになります。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのかとても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方の方法として、近場の銀行、信用金庫などでも良いですし不動産屋の担当者に任せても良いですし、インターネットバンキングでも受付可能です。

しかし、どこで受け付けようとも審査を受ける必要があり必ず合格するという甘いものではありません。

住宅ローンは長年支払いをする物ですから、ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。

35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。

住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。

毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。

フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。

とはいえ、年収や勤続年数などはこれは、その住宅が将来価値が出るかどうか、これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。